釣り好き食いしん坊が島に移住する話

関東で暮らしていた飲食業のおっさんが40歳でとある島に移住して地域のために頑張ってみるお話

地域おこし協力隊の気付き②

ゆむしです



全国で数えきれないほどの募集がある
「地域おこし協力隊」

ミッションの内容は
・情報発信
・イベント企画
・商品開発
・販路開拓
・魅力の可視化
…などなど

「移住者としての視点を活かして」
なんて言われつつも

一般的な会社ならみんな当たり前に
やっている普通の業務である上記の担当を

なぜ自治体は
まるで特殊技能であるかのように扱い
国の税金を使ってまで採用するのか


しかも自治体によっては
地域おこし協力隊の
情報発信内容を検閲、決済するところもあります

…いや、職員がその判断をできるなら
そもそもその人自身が発信した方が早いというか
費用対効果が高いでしょうよ

…という疑問


実際に体験してみると
なぜそうなっているのかが
判明しました



役所、行政は
「平等」でなければならない
という原則

これが原因なんですよね


例えば
地域の名物として
自治体がトマトをPRしたとします

するとナスの農家から
「なんでナスはPRせんのじゃ!」と
クレームが出る訳です



コロナ補助金関連の議論で
かなり表面化しましたが

公共のアクションに関して
自分は損しなくても
他人が得をすることが
とにかく気に食わないというのが
今の日本人の傾向

行政機関が特定のものを
PRすることは
できない訳ではないものの
やると面倒なことが起きてしまうから
消極的にならざるを得ないんですよね


だから
方針としては自治体が示しているものの
具体的な行動に関しては
「あいつ個人の視点でやってるんですよ」といえる
謎の人物「地域おこし協力隊」が
便利なんです


協力隊の活用が成功している自治体は
ちゃんとそこを理解し
隊員をサポート、管理していますよね

逆に失敗が多い自治体は
そもそも協力隊の利用価値を考えず
他の自治体の真似ているだけで
戦略がないから
隊員が暴走、反乱したり
ミスマッチで逃げたりするのでしょう

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

地域おこし協力隊の気付き①

ゆむしです



1月31日付けで
3年間の任期満了となり
地域おこし協力隊を退任しました



たくさんの方々のご支援のおかげで
とりあえず退任後もこの地域で
チャレンジしてみたいことが見つかったので
周防大島に住み
活動を継続したいと思います



3年間あっと言う間…という印象ではなく

地域で起きていること
日本で起きていること
世界で起きていること

コロナ禍、戦争、物価高
そういう背景があったからこそ
浮き彫りになった部分もあり

様々な考察をじっくりと
させてもらえる環境だったと思います


特に大きな学びだったのは
「行政」とは何者なのか
「予算」とは何者なのか

田舎だからこそ
日本の社会の縮図が
良くも悪くも
可視化されているのが興味深く

例えば「税金」が
何に使われるのか、誰が喜ぶのか
使った責任を誰が負うのか
はたまた負わない仕組みにするのか
これが良く見えます


都会でバリバリ働いていると
税金は自動的に取られていくだけで
使われていることを実感する機会は
ほとんどありませんが

田舎に移住することで
経済・社会を背負う側から
背負われる側に視点が変わると

こんなことまで税金使って助けてくれるの?

とか

国や都道府県から田舎に回されてくるお金って
こんなに「貰えて当然」と認識されてるの?

とか

ダイレクトに実感するような出来事が
目の前で起きるんですよね



減税できない理由や
GDPが伸びない理由や
少子化になる理由が

なるほどこういう構造なのかと

登場人物が少ない分
因果関係がシンプルなので
本当に分かりやすい

そして悪意があって巧妙に動いている人が少なく
みんなそれが通常運転として
ほんわかした空気の中で起きているので
見えやすい


欲しがれば欲しがるほど
取られるのが税金

どんどん欲しがらせるために
「貰える」経験をさせていく

コロナ禍でそれが一気に加速し

もはや
「生活が苦しいのは自分ではなく政府の責任」
と認識してしまう末期症状の日本



田舎の役所は
粛々と役割を果たしている
善良な人たちが
日々の業務に追われているので
大きな問題に取り組む余裕がない

田舎の議会は
上の議会の先生方の目があるので
大きな問題には触れられない

地方自治」の本当の姿

地域おこし協力隊3年間で
一番学べたことは
社会学」だった気がします🤔


にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

ゆむし古民家に住む

ゆむしです



周防大島に移住して3年
地域おこし協力隊の任期も終了ということで
町の寮(?)も退去になります

そして新居となるのは
築年数不明(100年以上っぽいw)の
古民家に決まりました


まあ、島自体は巨大で
空き家だらけなんですけど

空き家バンクに登録されている
賃貸物件自体がほんの数件なので
迷うような選択肢がほとんどないのですが

とりあえず継続して
この島に住むことは可能に


所々床が抜けたり
柱が朽ちたりはしていますが
総じてまあまあ状態は良いのかと


今月末に入居予定で
細かい問題は住んでからの
お楽しみ

鬼が出るか蛇が出るか
乞うご期待w

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

カラスミできました

ゆむしです



11月末から作り始めたカラスミ
丁度年末年始のタイミングで
仕上がりました

まあ、仕上がったといっても
もっと乾燥させても全然良いんですが

最終的に無菌にする為に
プロトン凍結させるので
どうせならとしっとり
半生タイプにしました

もっと乾燥させたい場合は
解凍してまた干せば良いのでね


この断面
…思っていたより上手くできました


めちゃくちゃ美味しいです



…ただコレ

絶対明太子より安く作れる気がします


原料がクッソ安いボラなのに
なぜあんなにバカ高くなるのか…

海産物って
そういうトコありますよね

だから魚離れが起きるんだと
個人的には思います

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

本一冊抱えて出かけよう②

ゆむしです



お腹いっぱいになったら…
歩きます

運動になる程度歩いて回れる距離で
道後温泉松山城など観光名所も多いので
歩いて楽しい街ですね

疲れたら160円で路面電車に乗れるのも安心です



前回道後方面に行ったので
今回はお堀沿いを歩きながら
JR松山駅方面へ


13:30 伊予の湯治場「喜助の湯」さん

キレイで設備充実の
天然温泉の大型スーパー銭湯です

週末、非会員でも750円という
良心価格でコスパ最強


今治の鬼瓦を使った高温サウナ
「鬼サウナ」や
外気温5℃前後の12月の外気浴を織り交ぜながら
温泉をゆ〜っくり楽しんで
ととのいます

湯上がり休憩場所もあるので
読書でもしながら寛げますよ
※マンガコーナーもあります



15:30再びウォーキングへ

日曜日は夜パフェ専門店
「21時にアイス」さんが
午後早めから開いていますので
映えるオヤツを味わいます

濃厚な抹茶モンブラン
さっぱり系ソフト🍦

風呂上がりなので
夕方でも「夜パフェ」感
ありますね〜

FCチェーン店舗は営業日・時間が
明確なので安心です



16:30 コメダ珈琲
気兼ねなく長居できる「インフラ」ですね



18:00
夕食はジビエのお店に行こうと思っていましたが
どうやらお休みの様子


なので三越1階のフードコート
坊っちゃんフードホール」へ

名前はちょっとアレですがw
結構ちゃんとしたお店が入っています


スペインバル
「ロス・アミーゴス」さんで

フィデウアを頂きます

簡単に言うとパエリアのお米を
パスタに変えて作った料理で
スペイン南部の郷土料理


宇和島真鯛のフィデウア

かなり細いパスタが使われていますが
これが良い食感で
表面はパリパリ
中はトロッとしていて
個人的にはパエリアより好きかも


後は20:30発のフェリーに合わせて
三津浜港に戻れば大島に帰れます

ちなみに伊保田三津浜運賃は
大人1名往復4,890円

柳井〜三津浜7,410円なので
便数は少ないものの
伊保田利用は
お値段的にかなりお得ですね


にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

本一冊抱えて出かけよう①

ゆむしです



松山日帰り旅
確かもう4回目ですかね

大分時間や場所の使い方が
パターン化してきたので
今回は時系列で紹介したいと思います


出発は周防大島伊保田
8:15出港のフェリー
9:30頃に対岸三津浜港に着きます

港からの移動は徒歩10分程で
伊予鉄三津駅まで

そして電車で松山市駅へ着くのが
10時過ぎ


ここでポイントになるのが
松山の飲食店のランチ営業スタート時刻は
11:30が主流ということ

コーヒーでも飲みながら
お目当てのお店のSNS等を確認しましょう


地方あるあるのひとつ
予定外の休業があったりしますので
直前の情報チェックは大事

また、もし休みだった場合の
第2第3候補店を探しておきましょう


この時点で新しい本命が
見つかることもよくあります
今回も実はそうだったんですよね〜


ゆむしの場合は一人旅なので
ノンストレスですが
グループの場合は特に
意思を合わせておくことが重要です



当日Googleマップで見つけた
良さそうなお店
なんと11:00から営業ということで
お目当てのお店をランチ後半に回します

※ランチを前後半制
場合によっては延長も考えている
特殊な人間の感覚でお送りしています
一般の方は1食プラスデザート店くらいで
組んで下さいねw


11:00 イタリアンの
「タベルナ・ラ・セーラ」さん

ラザニアの人気店だそうで

カタカナ表記は
「ラザーニャ」なんですね


ハーフサイズでも結構なボリューム


熱々とろとろの絶品料理でした



そして12:00にランチ後半

前述の「丸西商店さん」で
「あわび油そば」を堪能

https://ossanshimaiju.hatenablog.com/entry/2022/12/27/184314

…ここで満腹になったので
ランチは延長戦なしで終了です


にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

究極の油そば

ゆむしです



油そば
美味しいですよね〜

東京油組総本店さん、春日亭さんなど
東京にいる頃から
私の好きなメニューのひとつですが

お値段としては大体800円くらい
トッピング増やしても
1,000円くらいです


ですが今回は
2,000円近い油そばを食べに行きますw



DASH島を眺めながら
フェリーでGO

お店の場所は対岸の松山



元々割烹料理のお店だったという
「丸西商店」さん

気品に溢れた店構えですね〜


気持ちの良い丁寧なお出迎えと
温かいお茶か冷たいお茶か
好みを伺われてお食事スタートです

お目当てのメニューは

「あわび油そば肝ソース」
税込1,980円

オーダーすると
寒いので温まって下さいと


出てきたのは
粕汁

小さなお椀ですが
具だくさんでめちゃくちゃ美味しい

粕汁を味わいながら
油そばが出来上がるのを
ゆっくり待ちます



そして現れたのは…

彦摩呂が絶叫しそうな一杯


蒸しアワビもスライスとかじゃなく
丸々1個ドーンですわ


ワカメを練り込んだ
もちもち麺に
アワビ肝を使ったソース
温玉が乗ってます

別盛りのトッピングは
鶏チャーシュー
穂先メンマ
水菜とネギ

そしてインド料理系のペースト調味料
「チャトニ」



温玉を崩して野菜を加え
麺とソースをよく和えると〜


最初のソースの色を見た時は
もっと肝のパンチが強いのかと
想像していたものの

意外にもまろやかでマイルド

ただ常に、肝の風味を適度に
感じられて…

麺料理としての調和のレベルが
めちゃくちゃ高いですね


いわゆる「豪華なもの乗せただけ」の
表面的なインパクトメニューじゃなく
料理としてのクオリティに
高い価値がある逸品です

蒸しアワビに肝ソースを絡めると
至福の美味しさ


中途半端な旅館の晩飯オプション
1個3,000円くらいの踊り焼きが
いかに見せかけだけかを
実感してしまうレベルで

ミシュランガイド掲載も
納得の満足度


後半チャトニを加えると
爽やかな味変が成立しつつ
アワビの存在感は堂々と健在で
最後までしっかり美味しいです


そして食後には

生搾りみかんジュース



さすがは日本を代表するみかんの産地
愛媛県ですね

生搾りのみかんジュースは
めちゃくちゃ美味しいんですが
果肉が沈殿しやすいので

カッコよくドリンクとして
提供しにくい商品


スプーンを添えて
混ぜて飲んで下さいねという
提供スタイル

カッコつけずに
地域の魅力を
美味しく味わってもらいたいという
心遣いのカッコ良さ✨


我らが周防大島山口県内では
シェアが大きいので
「みかんの島」と名乗っていますが

地産地消認定の飲食店ですら
セットドリンクは
輸入オレンジジュース出てきますから

産地としての格の違いを
見事に見せつけられましたね



2,000円でも「激安」と思える
高付加価値のお店です

松山にお越しの際は
是非味わってみて下さい

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村