釣り好き食いしん坊が島に移住する話

関東で暮らしていた飲食業のおっさんが40歳でとある島に移住して地域のために頑張ってみるお話

協力隊…その後

ゆむしです



今年もあと数日で終わり
早いもので
地域おこし協力隊の任期も
あと1年ちょっとになりました


…ということは
退任後のお仕事について
そろそろ具体的に
イメージしておかなければ
いけない時期でもあります



この地に定住して
何をやるべきか

都会での経験や実績
地域おこし協力隊としての学び
そしてその「合わせ技」…

地域の武器と
自分の武器を
どう融合させるか

世はまだまだコロナ禍
市場の動きは読みづらい状況で
どこに勝算があるのか
何で差別化できるのか
誰とビジネスパートナーになるべきか



そんな中
ありがたいことに

その光を見出せそうな
プロジェクトに
参加させて頂けることになりました



f:id:ossanshimaiju:20211227153012j:plain

プロトン凍結機」


町の補助を受けて
漁師さんグループが
この春導入された
ハイテクマシンです

冷風、磁気、電磁波を組み合わせて
食材の中にある水分の粒を
膨張させずに冷凍できる機械

液体に浸けるタイプよりは
冷凍速度は遅くなりますが
パックに入れなくても
凍らせられるメリットがあります


例えばこのカナガシラ

f:id:ossanshimaiju:20211227153555j:plain

内臓、エラ、鱗を除去した
セミドレス」状態にして…


f:id:ossanshimaiju:20211227153431j:plain

f:id:ossanshimaiju:20211227153500j:plain

f:id:ossanshimaiju:20211227153519j:plain


ガッチガチですが
水分の膨張で
筋肉繊維や細胞が
壊れていないので

解凍しても
ドリップが出ず
身もプリプリです


f:id:ossanshimaiju:20211227154130j:plain

料理上手の漁師さんが
アクアパッツァにしてくれましたが
煮ても全然崩れません


もちろん
お刺身でも食べられますが

アニサキスなどの寄生虫
腸炎ビブリオなどの菌も
マイナス35度で冷凍することで
死滅しますので

生より全然安心です

まさに産地の鮮度を閉じ込めて
時間を止められるマシンですね



地域の水産振興活動の中で
このマシンを使い
商品開発や企画営業のチャレンジを
させて頂けることになりました


今はまだ、倉庫にスーパーマシンが
設置されているだけの状態

それを漁師さんと力を合わせて
事業に育て上げるプロジェクトです



現在、事業のビジョンを話し合っている
段階ですが
非常に大きなやり甲斐を感じますね



地産地消に関する事業開発

協力隊任期中に本格的に取り組みながら
ナレッジ構築やマーケティングができる
大チャンスです


もちろん簡単ではありませんが
地域の為にも
自身の為にも
未来に繋がるアクションにしたいですね

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村